« 新会社法施行 | トップページ | ポジティブリスト(輸入食品の残留農薬検査体制) »

2006年5月21日 (日)

中国の会社設立に登記簿の認証

今年から日本の企業が、中国で会社を設立するのに必要な会社の登記簿(正確には履歴事項証明書)に中国大使館(または領事館)の認証が必要になりました。
領事館の認証は、書類を外務省で認証したものでないと受け付けません。外務省は法務局の出張所が出した登記簿をそのまま認証するわけではなく、法務局の本局で認証しないといけません。つまり、これまで登記簿を取ってくるだけですんだものが、地方法務局で登記簿の取得→法務局本局で認証→外務省で認証→大使館(または領事館)で認証 という手続きが必要となりました。申請の中には郵送では受け付けないものもあり、最後の大使館(領事館)の認証までに1週間程度時間がかかってしまいます。急ぎで書類が必要な場合など、早めに段取りをすることをお勧めします。

認証手続きは、登記簿だけではなく、戸籍簿、独身証明等、中国で求められる日本のあらゆる書類に対して必要とです。


認証手続きは、その書類が偽造書類ではないということを証明するためのものですが、この時期に手続きの変更があるのは、現在でもいかに偽造書類が多いかということの裏返しではないでしょうか。

« 新会社法施行 | トップページ | ポジティブリスト(輸入食品の残留農薬検査体制) »

中国/アジア情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104824/10163951

この記事へのトラックバック一覧です: 中国の会社設立に登記簿の認証:

» 中国株を取得していこう [中国株にカテキン 中国株掲示板で速報h情報に証券会社で株価チェックして口座開設しよう]
日本人は貯金が好きといわれてもおかしくないほどの金融資産を貯め込んでいるといわれ... [続きを読む]

» 会社設立の設立登記と申請書を書こう [会社設立には代行もあり!株式会社設立方法には新会社法も調べて手続きしよう!]
会社設立方法のおおまかな流れを掴むことが大切ですので、まずは会社設立の流れを説明... [続きを読む]

« 新会社法施行 | トップページ | ポジティブリスト(輸入食品の残留農薬検査体制) »