« 工頭(こんとう) | トップページ | 中国の携帯電話 »

2006年8月16日 (水)

小泉首相靖国神社参拝

小泉純一郎首相が15日午前、靖国神社を参拝しました。公約としていた8月15日終戦記念日でのでしたが、首相は2001年の就任以来、年に1回の参拝を続けてきて、終戦記念日の参拝は初めてであります。現職首相としては1985年の中曽根康弘氏以来21年ぶりです。

靖国参拝に関しては賛否両論あり、過激なものやマナーの悪い意見も多数みられるため、ここでの個人的な意見は控えたいと思います。

個人的には靖国問題が出てから、「靖国神社」とは何か、他の神社とはどう違うのか、やはりこれだけ話題になっているため、いろいろと書物を読んだり、ネットで調べたりしました。学校でほとんど習わなかった、近代史にも目を向ける機会になりました。

中国や韓国は靖国参拝を非難していますが、靖国神社のことを分かっているのでしょうか。基本的に日本人さえ分かっていないものを、中国の国民が分かっているはずないような気がします。

私はただ日中友好を願うもので、今後の中国との商売ややり取りに影響がでないようにしてもらいたいです。


« 工頭(こんとう) | トップページ | 中国の携帯電話 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

なぜ中国や韓国は靖国参拝を非難していますか、それは、靖国神社では第二次世界大戦の時中国や韓国それとアジアへ侵略に主張や実行するの戦犯がそこで祭祀している。こいつらは我々の祖父の世代にどれほどの苦しめをされたのか、今の日本人は全くしていない、当然反省もしていない。そして日本の首相は首相の身分にとして、公然でその大犯人たちを祭祀してる神社へ参拝。僕ら中国人にみては、それは自分の國が犯した罪の不反省と不承認、その上、あの戦争の犯人たちを庇うや招魂、戦争を美化することです。

ドイツにみてば?
なぜ同様多くの罪が犯したのドイツが世界の国々に尊重せれているか。
1970年12月、ドイツの前総理は波蘭へ訪問のするとき、大惨殺記念碑の前で、OTL(-_-); 下跪した。それは、波蘭政府が全く要求していないこと。
以後のドイツのもう一人の前総理は、国会の会議で、『自分の国が犯した罪は、いつも我らの責任』という発言もありました。
その反対、日本政府は?
日本の首相が国際世界の反対の声を聞かず、二戦の戦犯が供養してる靖国神社への参拝を毎年してきました。

小泉首相は、平和を祈願して靖国に参拝しているわけで、戦争を美化しているわけではないです。首相の発言で戦争を美化しているようなものはこれまでなかったと思います。

靖国神社には今年20万人以上の人が参拝しましたが、日本人は誰も戦争を願っている人はいないと思います。

戦争時には日本人が中国や韓国にひどいことをしたし、反省すべきところはたくさんあります。でもそれは靖国神社の参拝とまったく関係ないのではないでしょうか。

人の思想というものは口ではなく、この人の行為から分かることです。

中国と韓国はなぜ靖国神社の参拝を怒るですか。それはまず、靖国神社はいったい何ですか、それを知るべきです。

靖国神社は、1869に建立しました。戦後では、日本の軍部で管轄せれていて、明治時代からの戦争の戦没者を供養しているの上、東条英機を含めて、遠東国際法廷で有罪されている一級戦犯14人もここで供養されている。この14人の中、直接『侵華戦争』を参加、そして指揮していた。この靖国神社の中にある『遊就館』では、戦犯たちの写真や遺物を並んでいて上に、この14人の戦犯が牢屋中サインしたあの時代の日本国旗もありまして、解説は『太陽は再び上がります』と言っている。ここは、『侵略』は『侵略』ではなく、『進入』と言ている(日本の教科書もこいう状態、これは反省?僕にみれば、『忘れろう』と言いたいようだ。『美化』というのはこいうもんです);日本が発動された戦争は、『日本を守るための戦争』;遠東国際軍事法廷の判決は、『日本人の名誉、ブライド、尊厳に対しての犯罪』。最近、『遊就館』の漢語や韓国語の中、何も掩蓋もなくて、処刑された戦犯を『昭和えい魂』といている。

こいう靖国神社、こいう遊就館、歴史を歪曲し、まるで戦争罪人たちを『树碑立传、鸣冤招魂』のところではないか。

中国や韓国人民の目では、靖国神社はただの神社ではありません。それは人間の一部大事な歴史の認識に関連している。

首相は普通の人間ではない、彼はその国人々を代表しています。もし、日本の首相は本当に歴史に反省しているなら、そいうところを参拝しないてほしい。

以上、tetsuでした。

そして、小泉首相が『日本降伏記念日』、日本では『終戦記念日』に、その靖国神社へ参拝、抗議ぐらいは当然だろうか。

靖国神社は戦争で亡くなった方を祀っているのです。仰るとおり、日中戦争よりずっと前から存在しているのです。祀られている人の中には10数名のA級戦犯と言われる人も入っていますが、それは仕方のないことです。逆に言えば、A級戦犯に対して建てられたという施設ではないわけです。
A級戦犯に対して参拝するということなら、私も反対しますが、2度と戦争が起こらないようにと誓うために靖国神社に参拝しているのです。
戦争への反省とは別のものです。

ただし私は全面的に賛成という意見ではありません。

私は日本が中国には戦時中に悪いことをしたことはもっと反省すべきだと思っています。はっきりとした謝罪も必要だと感じます。

中国の方は靖国を論じるときに、国家としてのドイツの例や教科書問題を持ってくるのですが、これは辞めていただきたいです。
問題点がずれて、余計分かりにくくなるし、こういう問題は靖国神社とは別のところで論じた方がいいでしょう。

なぜ問題点がずれていると言ってるの?『靖国神社』を中心にして、教科書問題など、それは『日本は本当に反省してるか』という問題になります。『靖国神社』も、教科書も、日本人戦争に対しての反省の態度の最もいい例です。僕も何度もいっていたんです。人の思いは言葉ではなく、行動で分かることです。日本の国家の頭としての首相がその敏感のところへ参拝するのは僕らだれでもに見では、不愉快です.それと僕は一度も普通の民間人の参拝がいけないといっている。靖国神社は他の戦争でしんだ民間人もありまして、それ僕もしてます。でも首相は国や国民を代表する人物です。古田さんの論点は普通の人間の参拝までも非難してるですが。

そして、靖国神社が10数名のA級戦犯を祀られているという事実は無論だ。だから政治には敏感です。政治家の小泉首相はその政治の敏感性を知らないわけがないだろう。それとも古田さんが靖国神社は全くいいところ首相でもだれでも参拝できると主張してるですか?

小泉首相は平和を願ってるに参拝に行くといって、中国と韓国政府と人民が反対してるんです。もし、本当に戦争を反省してる、平和を祈ってるなら、いかないでほしい。でも結局残念ながら、在任の間毎年も靖国神社へ参拝にいっちゃった。今年は終戦記念日にとても高いの姿で参拝にいった。中国人や韓国人に見りゃ、それは明らかの挑発です。たとえ首相本人がそういうつもりがないでも。だから、首相だけはいかないでほしい。

PS:古田さん、僕日本語が下手ですから、敬語も不用心です。ごめんなさい!

大部の日本人が戦争を反省してる、それが僕も信んじている。でも全部とはかぎらないだろう?日本の戦後の裁判が不完全だから。アメリカとの条約によって、いろんな戦犯が解放した。そして彼らは日本社会で、戦争を美化し続けている。彼らの言論に影響された若者たちもいる、同然日本政界に入るの人もあるだろう。それは僕ら本当の心配のことです。靖国神社の中にある『遊就館』や教科書に【侵入】を『進入』に、ますます心配になる。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104824/11460123

この記事へのトラックバック一覧です: 小泉首相靖国神社参拝:

« 工頭(こんとう) | トップページ | 中国の携帯電話 »