« 外国人参政権について | トップページ | NPO法人に関する無料相談 »

2010年1月17日 (日)

阪神大震災から15年

あの大地震から15年の歳月が流れました。

地震があったとき、私は大阪の野田阪神に住んでいたので、かなり揺れはひどかったです。

近所は少し年期の入った長屋が多かったので、地震のあと瓦がガチャガチャと音を立てて
落ちていました。


地震は朝5時の早朝でした。

会社はすぐ近くだったので、行ってみたのですが、誰も来ていません。

当時いた会社は、神戸に住んでいる社員が多かったので、来たくても来れなかったのです。

会社でもいろんなものが倒れ、机の引き出しが全部開いていました。

テレビをつけるとうそのような情景が写し出されていました。

神戸方面には電話が通じず、連絡を取ることもできませんでした。


単車で神戸を見に行くと悲惨な状況でした。

スーパーの食品売り場は、どこも売り切れて、何も売っていませんでした。


今の神戸からは想像もつかないですが、ついこの間という気がします。

神戸のあの惨状は、忘れてはならないと思います。


« 外国人参政権について | トップページ | NPO法人に関する無料相談 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104824/47330833

この記事へのトラックバック一覧です: 阪神大震災から15年:

« 外国人参政権について | トップページ | NPO法人に関する無料相談 »