« 中国における日本企業の撤退 2 | トップページ | 中国のニセ札転売ビジネス »

2010年3月27日 (土)

中国製冷凍ギョーザ中毒事件犯人逮捕?

2008年1月の中国製冷凍ギョーザ中毒事件に関して、「天洋食品」の元臨時従業員が工場内で加工
中の製品に農薬を混入した疑いで逮捕されました。

事件発覚から2年経っても解決の兆しが見られず、当時の噂や話題も次第にほとぼりが冷めてきたこと
もあり、事件は解決しないまま迷宮入りかと思いました。

これから容疑者の取り調べが進み、これまでの事件の真相が明らかになっていくことを望みます。

メタミドホスは中国で一般的使われてきた農薬なので、農家の人は簡単に手に入るものです。
日本では使われていない農薬であり、また加工後に入れることが困難であることなどからも、
中国で混入の可能性が高いということは、当初からわかっていました。

犯人は集団で、今回の犯人がとかげのしっぽ切りだったとか、実は犯人が見つからないので見せしめのため
に逮捕したなどということなどないことを願います。

« 中国における日本企業の撤退 2 | トップページ | 中国のニセ札転売ビジネス »

中国/アジア情報」カテゴリの記事

コメント

■中国製ギョーザ中毒:中国人逮捕 中国、にじむ対日配慮 首相相互訪問にらみ-無礼千万!何をいまさら!!対日戦略の変更か?それとも・・・・??
ブログ名:「Funny Restaurant   犬とレストランとイタリア料理」
こんにちは。今頃の逮捕とは、それに今までの対応など考えると、傍若無人、無礼千万というのが、私の感想です。さて、中国が今頃犯人を逮捕したことについて、日本の新聞などは様々な憶測を書きたてていますが、間違いは書いていないもののすべての背景をおさえていないようです。私は、これには以下の三つの複合的な背景があると考えています。
1.直近での対日配慮によるもの(大方の新聞に掲載されている背景)
2.中国官僚機構の恐ろしいほどの非効率によるもの
3.中国が第二の経済大国になれないどころではないことがはっきりしてきたため
詳細は是非私のブログを御覧になってください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104824/47924166

この記事へのトラックバック一覧です: 中国製冷凍ギョーザ中毒事件犯人逮捕?:

« 中国における日本企業の撤退 2 | トップページ | 中国のニセ札転売ビジネス »